人気ブログランキング |
<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2018年 03月 26日
古民家カフェ 相模湖「たねまめ」
e0101172_15023555.jpg
3月後半、季節外れの雪が舞う寒波が明けた日に伺いました。JR中央線「相模湖」駅よりバスで15分、畑の中を丘陵に向かって進むと森に隣接して一軒の古民家がありました。
築50年、10年間放置されていた平屋を再生して4年前にオープンしたと言うカフェ+ギャラリーです。


e0101172_14583229.jpg

e0101172_15010863.jpg

店名となっている「たねまめ」の由来をお聞きしてみると、オーナーが元々「豆」が好きだったことから自然由来の名前を考えているうちに語感から「たねまめ」としたとのこと。提供するランチ料理もこの店名から想像がつきます。

       
e0101172_15085773.jpg
       店内に入ると畳とちゃぶ台、座布団がよく似合う。昭和の匂いがする。
       根っこらがって、好きな本を時間を気にせず読んでいたいような
       やさしい空間です。
e0101172_15124870.jpg
e0101172_15140033.jpg

e0101172_15150103.jpg
       
       併設された小さなギャラリーでは、クラフトを中心に人の手で丁寧に
       作られた温もりある作品の展示もされていました。

e0101172_15163029.jpg
e0101172_15181074.jpg
       カフェでいただくランチは、豆や野菜(無農薬自然栽培)を中心とした
       からだにやさしいメニューを月替わりで提供されます。
       今月はアイヅチさんの天然酵母白パン、自家製豆乳発酵バター添え
       もっちもちで目を見張るほどの美味しいパンでした。そして、この
       バターがGood微妙に甘さがあって絶品。
e0101172_15192418.jpg
     津久井大豆のビーンズボール 根菜ポタージュ野菜とお豆の付け合わせ5種
     
切り干し大根のみかん酢和え サツマイモピュレ ひよこ豆のトマトソース煮
     旬菜のお浸し白味噌ソースがけピクルス
     特にビーンズボールの食感が楽しい。そして表面に塗られたタレの甘じょっぱさが
     たまりません。
e0101172_15203540.jpg




古民家と言えば梁の長さや重厚感、銘木を使った柱の重みを言うのでしょうが、ここはそれとは異なり、もっと身近に感じられる自分の育った家を感じることが出来ます。この縁側に差し込むお日様の様子がとてもやすらぎを与えてくれました。
e0101172_15213947.jpg



相模湖「たねまめ」<古民家カフェ>

住 所 :神奈川県相模原市緑区若柳1170
電 話 :042-684-9637
交 通 :JR中央線相模湖駅からバス15分 内郷診療所前にて下車 バス停から徒歩3分
営業時間:金曜、土曜のみ。11:30~14:30(ランチタイム)、15:00~17:00(カフェタイム
FB(ホーム):https://www.facebook.com/cafetanemame/









<記中コメントは訪問時にお伺いしたこと及びFBなどより引用させていただきました。>




















by konmasa1024 | 2018-03-26 15:22 | 古民家カフェ
2018年 03月 05日
西洋館(菊池寛実記念 智美術館内)
この建物は明治時代の有力な煙草商人であった千葉松兵衛氏の本家に当たる千葉亀之助氏の私邸として大正15年(1925)に竣工した。その後昭和23年(1948)に炭鉱王であり京葉ガスを設立した実業家菊池寛実氏が譲り受けたもの。
e0101172_15354742.jpg
地下鉄虎の門駅より徒歩15分アメリカ大使館、ホテルオークラのある江戸見坂の高台に位置する。菊池寛実氏が所有していたこの敷地内には現代陶芸のコレクターとして知られる娘の菊池智氏のコレクションと全国の現代陶芸作家の作品紹介を目的に2003年に建てられた智美術館とが併設された形になっています。現在智美術館が建っているところには母屋に当たる和館があり、西洋館とは渡り廊下で繋がっていたようです。

      智美術館側から西洋館を望む。
e0101172_15505729.jpg
昭和54年火災により和館は全焼失、この西洋館は屋根と2階の一部の焼失で免れたそうです。昭和56年焼失した屋根及び2階部分の修復に際しオーナーである智氏の希望でインテリアデザインをニューヨークのインテリアデザイナー、リチャードナップル氏に依頼。

e0101172_17405930.jpg
 建築様式としては基本的に英国の中世の住宅に観られるチューダー様式、
 大正末期から昭和初期に日本の洋館が手本とした様式を採用しています。
e0101172_19343402.jpg

この洋館は現在も菊池氏により丁寧に使い続けられており、形骸化された文化財としての洋館とは一線を画している。特に内装の精緻なチーク性パネル、ステンドグラス、各種のドレープ、英国スタイルの家具調度品はセンスあふれる素敵なものばかりです。
なお、内部の撮影は不可となっており、見学当日配布されたパンフよりクジャクのステンドグラスがはめられた1階ホールの写真をお借りすることといたしました。

e0101172_20011432.jpg

西洋館及び智美術館の建つ敷地内には江戸時代に作られた日本庭園の他、菊池家の仏間に相当する持仏堂が配されています。
e0101172_20175787.jpg


e0101172_20205374.jpg

e0101172_20222544.jpg

持仏堂
e0101172_20235662.jpg

                                        
有形登録文化財に指定されているこの建物は伝統的な英国スタイルの外観の美しさもありますが、美意識の高い菊池智氏とリチャードナップルの元のインテリアを丁寧に保存しながら内装を整えた、その美しさが素晴らしい。

e0101172_20390459.jpg



西洋館(菊池寛実記念 智美術館内)

住 所 :東京都港区虎ノ門4-1-35
T E L :   03-5733-5131
交 通 :メトロ銀座線虎の門駅下車徒歩15分江戸見坂を上りホテルオオクラ手前

*西洋館の見学は常時行っておらず、問い合わせの後伺ってください。







<記中の記事は剣がっ当日配布されたパンフレットと解説による>























by konmasa1024 | 2018-03-05 15:53 | 歴史的建造史跡