人気ブログランキング |
<   2015年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2015年 08月 22日
旧スイス公使館(深山荘)<歴史的建造史跡>
軽井沢に建つ旧スイス公使館と言えば、その名前からヨーロッパ風のおしゃれな洋風建築を想像しますが、この建物は有名な建築家の設計によるものではないし、著名人が居住していたものではありません。しかし先の第二次世界大戦の末期における終戦和平工作を考えるとき、この建物にまつわる歴史的かつ文化的価値を感じるのです。

軽井沢駅より白糸の滝への道、旧三笠ホテルを過ぎてすぐ、古い別荘地の中に建つ
e0101172_1552275.jpg
e0101172_156238.jpg



昭和19年(1944)東京が空襲にさらされることになり、日本外務省は、中立国や枢軸国の大使・公使と家族を箱根、河口湖、軽井沢へ疎開させました。軽井沢には、主要敵国米・英の利益代表であるスイスとスウェーデンの中立国公館が置かれたので日本にとっては最も大切な場所になりました。


旧スイス公使館(深山荘)の正面入り口
e0101172_1562737.jpg


この建物は昭和17年(1942)東京在住の実業家前田栄次郎氏が開業した貸別荘「前田郷」の中核施設「深山荘」として建設された。そこをスイスが借り受け公使館としたもの。
もともと貸別荘として建てられたもの、大人数が小部屋に分かれて分宿する集合住宅構造となっており別荘とホテルの中間的なスタイル。
e0101172_15261453.jpg


         築73年。斜面を利用して、東側は1階建て、西側は2階建て、
         中央に高さ3階に相当する吹き抜けとホールと地階を持つ。
e0101172_1573613.jpg



e0101172_158465.jpg


         玄関を入ると、いきなり吹き抜けの広いホール。ホールの中間に
         1本も柱がないと言う特殊構造
e0101172_1583713.jpg



ホールを挟んで左右は小部屋が連なる。この小部屋をスイス公使館であった時代にどのように使用していたのか興味が湧いてくる。
e0101172_15121366.jpg
e0101172_15274096.jpg





南西側から見ると2階建てのように見える。実際は1階部分は地階に相当し、2階に見える部分が一階として居住部。
e0101172_15133372.jpg



当時、この建物のすぐ近くには外務省の出張所であった旧三笠ホテルがありました。当時スイスの公使だったゴルジェ氏は日本が最も信頼を置く人物で、欧米敵国20か国の利益代表であるとともに在外外国人の代表でもありました。戦況が悪化していく中で対世界と言う立場で頼れる国スイス、「深山荘」は終戦に向かって日本が最も重視した外交拠点であり、外務省大久保全権大使との間で重要な情報交換がなされたものと思われます。


歴史的建造物、それは単に建物のデザインの美しさ、調度品の豪華さ、先進技術の導入などで価値を見るものではないことを感じました。その建物の使われ方、そして居住者の生活ぶり、その歴史的意味に触れてこそ、その価値が見えてくる。
過酷な戦争の中にあって、和平に向かって尽力された方に感謝したい。




旧スイス公使館(深山荘)


住 所: 長野県軽井沢町大字軽井沢1369-21
交 通: 軽井沢駅(JR)よりタクシー10分
連絡先: 通常一般公開はされていないようなので、
     軽井沢町役場 0267-45-8111にお問い合わせください。












<記中コメントはH27.8.22に行われた見学会及び公開シンポジュームにて配布された資料軽井沢文化協会資料を参照させていただきました。>

by konmasa1024 | 2015-08-22 14:11 | 歴史的建造史跡