人気ブログランキング |
<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2009年 02月 21日
「赤い靴」<童謡のふるさと>
童謡『赤い靴』(あかいくつ)は、1922年(大正11年)野口雨情作詞・本居長世作曲で発表された童謡です。
そして、1979年、横浜山下公園に『赤い靴はいてた女の子の像』が作られました。これは純粋に雨情の詩のイメージをモチーフにしたものだそうです。

赤い靴(くつ) はいてた 女の子
異人(いじん)さんに つれられて 行っちゃった
横浜の 埠頭(はとば)から 船に乗って
異人さんに つれられて 行っちゃった
今では 青い目に なっちゃって
異人さんの お国に いるんだろう
赤い靴 見るたび 考える
異人さんに 逢(あ)うたび 考える


e0101172_11184034.jpg


海岸に沿って長く伸びる芝生の一角に・・・。
e0101172_11233215.jpg


像は2番の歌詞にあるように、異人さんの国を望む海に向かって立っている。
e0101172_11244964.jpg
e0101172_1125443.jpg


この野口雨情の「赤い靴」の歌詞にある女の子の名前は「きみちゃん」。
「きみちゃん」は赤ちゃんの時、いろいろな事情により、アメリカ人の宣教師の養女にだされます。母 かよさんはきみちゃんがアメリカに渡って幸せに暮らしていると信じて雨情にこのことを話し、この詩が生まれました。
しかし、きみちゃんは病気のためにアメリカに行けませんでした。明治44年9月、当時麻布永坂町、今の十番稲荷神社のあるところにあった孤児院で、ひとり寂しく亡くなったのです。まだ、9歳でした。

e0101172_1144991.jpg


e0101172_11442813.jpg


この像のあるところは十番稲荷神社から歩いて5分ほど、「十番、パティオ」の入り口にあります。
e0101172_11445437.jpg

e0101172_11451068.jpg




悲しく、寂しい話でありますが、どうしても養女にやらざるをえない当時の貧しい生活、それを悔いる母、幸せになっていることを願う母の気持が伝わるようです。



<文中コメントは麻布十番商店街新興組合パンフ、音楽はyoutubeより>

by konmasa1024 | 2009-02-21 11:12 | 童謡のふるさと
2009年 02月 05日
国会議事堂<歴史的建造史跡>
ご存知の通り日本の国権の最高機関である国会、それを執り行う場所が国会議事堂です。
小学生や中学生の多くが、修学旅行や学校教科の中で見学したことと思いますが、ただ行った記憶があるだけで、その後はその重みを感じて見る人は少ないかと思います。
私もその一人で、改めてこの建造された時代に思いをはせながら見学したいと思います。

e0101172_11523179.jpg

明治から始まった日本の公共建築の典型的なもので、塔を中心にした左右対称型の建築物。限られた土地に高層ビルが林立する現代では、もう実現不可能な建築物ではないでしょうか。周辺のゆったりした空間と威風堂々とした石造りの建物はやはり国権の最高機関にふさわしい堂々ぶりが伺えます。
議事堂のシンボルであるピラミッド型の中央塔は高さが65メートル、当時日本橋の三越を抜いて日本一高い建物であったとか・・・。戦災に遭いながらも昭和39年紀尾井町に出来たホテルニューオオタニに一位の座を譲るまで20年間不動の一位を保っていた。
e0101172_1152514.jpg

国会議事堂が出来上がるまでには長い年月がかかっています。1890年(明治23年)に日本で初めての国会が開催されたが、その時は木造の仮議事堂で行なわれた。
資金難や仮議事堂が何度も消失してしまったりで、ようやく設計図が出来上がったのが1919年(大正8年)のこと、完成したのは1936年(昭和11年)のことでした。

正面玄関より入ると広いロビーのような空間。塔の真下にあたる部分
e0101172_1203121.jpg

国会議事堂の建設は、ただ国会の場を造るだけではなく、近代国家日本を国内外に見せ付けることも重要な目的だったようです。そのために建設資材も極力国産のものを使用することが命題でした。ステンドグラス、ドアノブ、郵便ポスト、極一部の大理石の他は全て日本製が使用されました。特に内装・外装に使われた石材は日本各地より厳選して取り寄せられたと言います。

e0101172_1223030.jpg

中央ロビー衆議院側3階より参議院側を見る

e0101172_1244829.jpg


衆議院本会議場
前列より当選回数の少ない人順に後ろに向かって議席が決められているそうで、有名な議員は後部席に座ることになるようです。

e0101172_16583093.jpg


e0101172_1658536.jpg





国会議事堂食堂
一般の人も利用可能です。椅子やシャンデリアに近代建築の雰囲気を味わうことが出来ます。
e0101172_19393555.jpg


この建物の建設が検討され、設計された頃はどんな時代だったのでしょう。とにかく開国されてしばらく、欧米に憧れ、その比較において追いつけ追い越せと国中が前を向いて走り出した頃ではないでしょうか。「純国産で欧米に負けない立派のものを・・」と言う気概が見えるようです。
改めて国会議事堂を目の当たりにして、その大きさと重厚さに圧倒されます。本会議室のほか限られたところしか見ることができませんが、この中において、国民の安全と安心・平和な暮らしを守るための重要な決まりごとを作っていると思うとき、議員の皆さんの高い志を願わずには居られません。


国会議事堂

所在地 : 東京都千代田区永田町1丁目7番1号
交 通  : 東京メトロ国会議事堂前駅・永田町駅徒歩1分


<文中コメントは日本建設業連合会HP参照>

by konmasa1024 | 2009-02-05 10:49 | 歴史的建造史跡