人気ブログランキング |
2009年 03月 12日
唱歌「春の小川」<童謡のふるさと>
陽だまりの公園で、ひとり口ずさむ童謡におもわず当時の情景が思い浮かぶ思いを・・・。今日は久しぶりの春らしい陽気に誘われて、今は都心の真っ只中に位置する「春の小川」を尋ねて小田急「代々木八幡」駅に下り立ちました。東京都渋谷区代々木。ここにはかつて「河骨川(こうほねかわ)」という川が流れていて、春になると岸辺にすみれやれんげが咲きました。代々木山谷(現在の代々木3丁目3号)に住んでいた国文学者の高野辰之は、その風景を愛し、しばしばこの辺りを散策したといいます。『春の小川』に描かれている情景は、河骨川のものだったのです。

小田急代々木八幡駅付近の線路沿いに立てられた歌碑
e0101172_1054203.jpg

e0101172_10543615.jpg


この河骨川は、かつて東京オリンピックが開催際された折、代々木オリンピック競技施設の建設に際し、コンクリートとアスファルトでフタが閉まった状態の暗渠(あんきょ)となりました。今や小川のせせらぎを見ることはできなくなっているが、辺りには緑が多く気持ちの良い空間が広がっている。

電信柱の表示と都教育委員会の標識が目印
e0101172_1154163.jpge0101172_1161578.jpg



河骨川の名前の由来、河骨と言う水生植物が生えていた川だったのでしょう。河骨は水中にある根茎が白く ゴツゴツして骨のように見えるので河骨(かわほね)と書かれるようになった。河骨の根茎は「川骨(せんこつ)」の名で漢方薬としてよく用いられ止血剤や浄血剤、強壮剤として使われるそうです。 (出典:
「季節の花 300」 http://www.hana300.com
e0101172_1115369.jpg
e0101172_11155411.jpg



もう歌詞の面影はなくなっていますが、昔はこの地域はなだらかな丘陵に拡がるのどかな田園風景、所々に雑木林が残り、農家が点在していましたそうです。そんな中を「春の小川」河骨川(こうほねがわ)が流れ、わき水が流れ、渋谷川に流れ込む、わずか3kmの小川だったそうで、川の名前のとおり黄色いコウホネが咲いていたそうです。その川のあった所に立って見ました。この下をその小川が流れる様子をイメージしてはるか昔の自分のふるさとを思い出しました。
e0101172_11283349.jpg


昭和17年(1942年)2月『初等科音楽 一』
春の小川
高野辰之
一、
  春の小川は、さらさら行くよ。
  岸のすみれや、れんげの花に、
  すがたやさしく、色うつくしく
  咲いているねと、ささやきながら。
二、
  春の小川は、さらさら行くよ。
  えびやめだかや、小ぶなのむれに、
  今日も一日ひなたでおよぎ、
  遊べ遊べと、ささやきながら。
この曲は1912(大正元)年、『尋常小学唱歌(四)』に発表されるが、1942年『初等科音楽(一)』では、「さらさら流る」が「さらさらいくよ」に、「ささやくごとく」が「ささやきながら」に変更され、3番の歌詞が削除された。





小学唱歌「春の小川」
高野辰之作詞、岡野貞一作曲で大正元年(1912)に発表されました。

by konmasa1024 | 2009-03-12 10:36 | 童謡のふるさと


<< 深川めし<昔味美味珍品>      岡山禁酒会館<歴史的建造史跡> >>