人気ブログランキング |
2013年 10月 24日
旧木下家別邸(現大磯迎賓館)<歴史的建造史跡>
住民から「三角屋敷」と呼ばれ親しまれてきた洋館「旧木下家別邸」(大磯町大磯)が国登録有形文化財(建造物)に登録されました。大正元(1912)年の建築で木造3階建て地下1階(延べ床面積約287平方メートル)、建物の特徴は、工法がアメリカ独自の工法であるツーバイフォー工法によることで、現存するツーバイフォー住宅としては、最も古いものといえる。





e0101172_10363520.jpg


立地はJR東海道線大磯駅の駅前(徒歩1分)、駅前に立っても見えないですが左へ歩くとやがて木々の間から一際目立って洋館が現れる。
別邸は、貿易商木下建平氏が別荘として建築、相模湾を一望できる場所に位置する。切り妻造りスレート葺(ぶ)きで、別荘地の大磯でも数少ない洋風の別荘建築という。


e0101172_10381461.jpge0101172_10383371.jpg





別荘と言う事は建物の2階からの眺めをみればよくわかります。
相模湾に面した方には、開放感あふれるサンルームがあり、前方に立つ家の屋根瓦のない当時は、遥か波打ち際まで見渡せたんじゃないでしょうか。
e0101172_1051592.jpg


e0101172_10512573.jpg



サンルームに面した手前の部屋との間には
ステンドグラスが施されアクセントになっている。
e0101172_10535888.jpg



海とは反対側に二つの小部屋、別荘に来るお客様の部屋として
部屋数を多くしていたのでしょうか。
e0101172_1057422.jpg


2階のデッキより望む相模の海
e0101172_10583066.jpg



現在は「大磯迎賓館」として、増設されたダイニングはイタリアンレストランや
ウエディング会場として再利用されています。
多目的サロンとして使用する本館には、左右の屋根に突き出た採光用のドーマ窓、台形の出窓(ベイウインドウ)、外壁の南京下見板張、ステンドグラスなど建築フアンには魅力がいっぱい。
e0101172_1115968.jpg




この住宅が建てられた明治末から大正初期は、わが国の人々の日常生活にまで洋風化が浸透し、とりわけ都市中間層の人々の間では伝統的住宅から新しい洋風の住宅に切り替えようとする機運が高まり始めた時期であった。また、こうした動きの中で、上流層の住宅がイギリス式であったのに対し、都市中間層の住宅は合理的な考えに基づくアメリカ住宅をモデルとし、大正期のバンガロー様式の流行、スパニッシュ様式の流行といった動きを生み出すことになる。この住宅は、まさにこうした新しい住宅を求めた時代の動きを見事に反映したものであり、わが国の住宅史研究の貴重な史料であるとともに、生活史・地域史を再考するためにも貴重な建築遺構といえる。






旧木下家別邸(現大磯迎賓館)
所在地:神奈川県大磯町大磯1007

連絡先:☎050・3385・0013

交 通:JR東海道線大磯駅より徒歩1分











<記中のコメントは大磯町Hp及びツーバイフォー建築協会、神奈川新聞、日経新聞HPによる>

by konmasa1024 | 2013-10-24 10:31 | 歴史的建造史跡


<< せいだのたまじ(山梨県上野原市...      旧三井港倶楽部<歴史的建造史跡> >>