人気ブログランキング |
2013年 06月 07日
国立科学博物館本館<歴史的建造史跡>
国立科学技術館は「自然科学及び社会教育の振興を図る」ことを目的とした独立行政法人による国の博物館であります。そして、全国の博物館の指導的な立場としての事業を数多く行っています。
大正時代に科学博物館設立の機運が高まったことを受けて、昭和5年(1930年)現在の上野公園内に建てられました。一時、第二次世界大戦中は建物が軍に徴用され、終戦まで高射第1師団の司令部となります。<2008年6月 重要文化財に指定される>
e0101172_10233525.jpg


建物は飛行機を模して設計されていて、来場者は、正面玄関から搭乗し、科学を探訪する乗務員の一員となります。平成19年(2007)4月に日本館として新装開館しましたが、今も創立当時の姿を残しています。
e0101172_10235724.jpg

昭和5年の落成当時のネオルネッサンス様式の建物の各所に往時の名残りあるオーナメント(装飾)が見受けられます。

本館ホールに立って真上を望む。
e0101172_1024199.jpg
e0101172_10244311.jpg


ネオルネッサンス様式のデザインで、各所にステンドグラスやオーナメントが配されて、館内は昭和初期のノスタルジアに溢れています。
e0101172_1025798.jpg
e0101172_10262817.jpg
e0101172_10264261.jpg

e0101172_1027668.jpg


両ウイングにある階段の明り取りに施されたステンドグラス。
e0101172_10274169.jpg
e0101172_1028562.jpg

e0101172_10282689.jpg


長時間の取材でくたびれましたが、さすがに国を代表する博物館だなぁと感心させられ、しばし休憩。
e0101172_10285031.jpg




重厚さと気品を感じる建物にふさわしく、展示内容も素晴らしい。展示内容の詳細はこの場では省略さていただきますが、「日本列島の自然と私たち」をテーマとして、日本に関する自然史などの他、技術史、理工学などの多分野にわたっています。例えば、伊能忠敬が使用した測量機器など貴重な文化資料が展示されています。
日頃、目の前の事にしか関心を払わなくなった私には、初めて訪ねたこの博物館で自然科学の目線で先人の営みや現在に至るまでの探究心あふれる科学者の足跡を見て、とても新鮮に感じました。
一見の価値あります。ぜひ、一度お訪ねください。




国立科学博物館

所在地 :〒110-8718東京都台東区上野公園 7-20
お問い合わせハローダイヤル:03-5777-8600
交 通 :JR,メトロ上野駅より徒歩10分










<記中コメントは公式HP及び台東区文化ガイドブックより>

by konmasa1024 | 2013-06-07 10:11 | 歴史的建造史跡


<< 旧青木家那須別邸<歴史的建造史跡>      銀座グリル「スイス」 カツカレ... >>